部屋について

合宿免許で運転免許を取得する場合、宿泊する部屋について考えてみましょう。合宿免許は1人でも参加できますが、1人部屋と相部屋を選ぶことができます。シーズンオフの場合は相部屋でも1人部屋のように使えることもあります。また合宿免許はコテージタイプ、別棟タイプ、ホテルタイプなど、いろいろなタイプがあり、料金を安くしたいならやっぱりホテルタイプがおすすめです。そして1人部屋より2人部屋、3人部屋の方が宿泊料は安くなります。お友達と相部屋にしても割安です。

友達ができる共同生活が苦手だという特別な理由があれば別ですが、合宿免許の大部屋は、友達のできるチャンスでもあり、楽しいという意見も多いです。合宿免許の施設を新しくリニューアルして、キレイにしてあるところもありますが、意外と割高な場合も多いので、少々古い部屋も我慢できるなら、価格的にはお得です。

女性向けの合宿免許は価格に関係なくキレイな内装にしているところが多いようです。またどのような部屋でもネット関係はどのようになっているかチェックしましょう。また例えばスポーツジムなどや温泉など、いろいろな施設がプラスされている合宿免許は、やはりリニューアルしているところが多く、価格も高めになります。価格の低いところは、どうしても部屋が古い傾向があるようです。


関連記事

安い時期を利用する

合宿免許は楽しむことができると言われていますが、食事が美味しかったり、観光ができたり、温泉があったり、合宿免許によっていろいろな魅力があります。費用的には結構差があり、高い合宿免許なら35万円程度です。もちろん自宅近くの運転免許教習所で普通に免許を取るとしても、今平均30~35万ともいわれており、そんなに高いわけではありせん。しかし安い合宿免許を探すと、20万円程度のところもあります。その上安い時期があり、その時期ならなんと12~13万円という激安合宿免許もあるのです。

合宿免許どうしても学生が多い合宿免許は、長期休みの時期はたくさんの人が利用します。しかし長期休みでないときには合宿免許では、相当価格を落としてでも利用して欲しいのです。大体30万円程度の価格の合宿免許なら約9~10万円程度安くなります。もともと20万円程度の安い合宿免許なら15万円程度になる可能性があります。

つまりシーズンオフの合宿免許はとてもお得なのです。大体2~3月、7~9月が一番忙しいときであり、価格も最高に高くなります。逆に4~6月は学生が忙しい時期なので、とても安い時期なのです。他にも10月から12月も閑散期と言われています。ただしスキー場に近い合宿免許は12月は安くないのでご注意ください。


関連記事

運転免許を楽しく取得

ゲレンデ合宿免許は楽しみながら免許を取ることができます。運転免許を取るときは、普通結構ストレスいっぱいになるものです。しかしなかなか予約もとれず、時間のかかる教習所まで通い、それでもなかなか思ったように進みません。でも合宿免許なら毎日の予約の心配もなく、しっかりと教習を受けることができます

また合宿なので食事もすべてついているから、1日好きなことができるのです。友だちと参加すれば、毎日楽しく遊びながら免許が取れます。スキーシーズンにスキー場の近くの合宿免許を選べば、教習を受けたら後はスキーで遊ぶこともできます。ゲレンデまでの送り迎え付きの合宿免許もあります。

他にも温泉地にある合宿免許であれば、毎日温泉三昧。中にはジムが付いていたり、自由に使えるメイク室が揃っているところもあります。また観光地の近くの合宿免許であれば、観光を楽しむのもOK。中には食事に特化した合宿免許もあり、日本海側などでは近海の魚料理の美味しい施設や、がっつり肉系が好きな人に向いている、ステーキバイキングなどがある合宿免許なども人気です。このように合宿免許には楽しみがたくさん準備されています。学生などは友だちと卒業旅行を兼ねて合宿免許を利用する人たちも多いとのこと。2週間も友だちと一緒にいられるなんて、最高の卒業旅行ではないでしょうか。卒業旅行の料金で免許も取得できてしまうなんてお得です。また参加者同士も2週間も一緒に勉強をするため、仲良くなって友だちができることもあります


関連記事